フローリングにマットレス!

快眠のための環境を整えたいですよね。

睡眠環境ってい人それぞれですよね。

 

ベッドで寝る人、そしてベッドはあまり好きではなくて布団で寝ているという人。

 

例えばお部屋のスペースに制限がある場合など、布団を選んでいるという人もいらっしゃるでしょうね。

 

マットレス,フローリング,湿気,対策

 

床に布団を敷く場合気になることがあります。

 

床が畳の場合ならクッション性も多少ありますし、吸湿性もあります。

 

ですので、直接布団を敷いても不快な湿気に対してそんなに気になることがなかったりします。

 

敷きっぱなしのいわゆる万年床しない限りにカビが生えたりといったことも少なかったりします。

 

もちろん布団の上げ下げは習慣にしたいところですが。

 

ですが今はフローリングのお部屋って多いですよね。

 

リビング、ダイニング、寝室と全部フローリングというお家も多かったりします。

 

まずフローリングの場合、床にクッション性がないので、布団にはそれなりの厚さとクッション性が欲しいですよね。

 

そして最大の難点が、敷き布団の裏面の湿気です。

 

人って寝ている間に相当な汗をかいているといわれています。

 

その汗の湿気や熱気を布団が吸います。

 

フローリングは吸湿性がよくないため、寒い冬の季節や梅雨時など濡れているような状態になっていますよね。

 

そこで必要になってくるのが、湿気やカビ対策です。

 

確実なのが、すのこを敷くという方法です。

 

すのこは湿気対策にはなるのですが、寝心地は硬いですしあまり良くないですよね。

 

また昼間は片づけたり、どっかに格納したりといった手間も必要だったり。

 

 

今は専用の除湿シートも売っていますね。

 

敷布団の裏面の湿気対策のための除湿シートです。

 

それを敷布団の下に敷いたり。

 

 

あとは敷布団の下にマットレスを敷くという方法です。

 

寝心地が良く、腰痛対策にもなりますし一石二鳥ですよね。

 

今は快眠のための技術が集結したような高機能なマットレスが人気が高いです。

 

そういった機能性マットレスを活用されるのもおすすめですね。

 

温かくて、通気性抜群、体をしっかり支えて負担も軽減されて、いいとずくしのマットレスです。

 

→ 快眠布団、寝心地のいい布団、よく眠れる布団はこちらで!